知ってるようで知らない言語聴覚士

SpeechTherapistの頭文字を取ってSTとも呼ばれることがあります。

言葉によるコミュニケーションは、生活していると自然と行っているものですが、病気、事故、加齢、生まれつきの障害などで、言語、聴覚、嚥下などの機能が低下し、困難になった人たちが社会に溶け込めるようにサポートするのが言語聴覚士のお仕事です。1997年に国家資格となった言語療法の専門家で、リハビリテーションの専門職でもあります。
ことば、聞こえ、嚥下、発音などの障害のメカニズムを理解し、必要に応じて訓練や指導、助言を行います。

言語聴覚士の多くは医療機関に勤めており、医師や看護師などの医療知識を持った専門家、リハビリ専門家、福祉専門家と連携して業務を行います。
言語分野のスペシャリストではありますが、くちの事だけではなく、脳機能など、幅広い分野に知識が及びます。
医療機関以外にも教育機関や保健福祉機関など需要の多い職種ですが、国家資格となったのが新しいため、求人数は作業療法士など同じリハビリ専門家と比べると少なく感じます。

しかし、作業療法士などの資格取得者のもともとの人数が多いのでそう感じるだけで、実際は言語聴覚士の人数が少ないため、求人も少なく感じるだけなのです。高校卒業後に文部科学大臣が指定する大学か厚生労働大臣が指定する言語聴覚士養成所を卒業し、国家試験を受験し合格した後、厚生労働大臣から免許を受けることで言語聴覚士になれるのです。

言語聴覚士という資格を知っているでしょうか。リハビリテーションを行なう国家資格の一つであり、高齢化社会の進行によってその需要は大きくなってきているところです。


言語聴覚士は脳卒中などの後遺症によって言語に障害が出た人や、食事において飲み込みが出来ない人などへのリハビリテーションを行ないます。
医療機関での勤務がほとんどですが、今後は介護業界においても需要が上がってくることが考えられます。では、どうすれば言語聴覚士になることが出来るのでしょうか。

まずは養成学校に入学することが必要になります。

4年制の大学や3年制の短大、3年か4年の専門学校があります。

4年制の大学は募集が少ないことや国立大学が中心となることから入学するのは非常に難しいです。


ほとんどの人は短大や専門学校を利用して必要な技術や知識を身につけます。

最初の2年間は学校での勉強が中心ですが、その後は実際の病院や施設において実習を行ないます。

実習では患者に対して実際に治療を行い、将来臨床に出たときに責任ある仕事が出来るように経験をつむこととなります。

実習は精神的にも身体的にも大変なものですが乗り越えることで言語聴覚士として必要な技術や知識、心構えを身につけることが出来るようになります。学校での勉強が終了したら最後に国家試験が行なわれます。


国家試験はマーク式ですが年々難しくなっている傾向にあり、合格率は60パーセント台となっています。


きちんと勉強していれば通過できる内容ですが、中途半端な気持ちで通るほど甘い試験ではないといえます。

結婚写真の前撮りの初歩を知らない方でも理解できるよう情報をまとめたサイトです。









http://getnews.jp/archives/1535419

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12143226667

http://www.sankei.com/economy/amp/161101/prl1611010301-a.html

関連リンク

専門学校で専門分野を学ぶ

専門学校は、専門的なことをしっかりと学ぶことができるというメリットがあります。美容師になりたいという場合や、看護師になりたいという場合、調理師になりたいという場合など、専門学校に通うことでしっかりと専門技術を学ぶことができるのです。...

more

専門学校は資格取得に有益なバイトができることもある

学生時代にできる貴重な経験の一つにアルバイトがありますが、専門学校から紹介してもらえるものは自身の資格取得に有益なこともあります。専門学校で学んでいる分野に関係する仕事内容がほとんどなので、働いて社会勉強しながら知識を増加させたり技術力を向上させることが期待できます。...

more
top